今年もオランダせんべいが送られてきました。

オランダ煎餅とは

 

オランダせんべいと言えば、2つの商品があります。1つは山形県の酒田製菓の「オランダせんべい」こちらは、「私たち」のことを方言の「俺らだ」からもじった米菓でオーストラリアにも工場があるというから驚きです。しかも、米ペプシコが販売しているといううからさらに驚きです。

 
一方、我が家に送られてきたのは、根室の「端谷菓子店」で作られている「オランダせんべい」。
こちらは江戸時代のオランダ商館が置かれていた、長崎県平戸市にある「オランダ煎餅」「おらんだ焼き」が由来と言われてます。
 
やや硬めに焼かれており、根室のやわらかいものとはやや違います。日本海を北上し、明治時代には函館でも売られてましたが、現在は、端谷菓子店のみがせ造販売をしており、根室周辺のスーパーやお土産店で売られてます。
 
そして、札幌でも製造販売を行っており、堅焼オランダ煎餅も販売されてます。
札幌の株式会社はしやのHPはこちらです。

根室から送られてきたオランダ煎餅

株式会社ワーキングハウスが期間限定で、自然の黒糖ベースでつくられたオランダ煎餅です。元祖と違った食感を楽しめます。

オランダ煎餅

まあるいオランダ煎餅ですが、ワッフルのような柔らかな食感が楽しめます。ミルク味をベースとし。「ミルク味」「イチゴミルク味」「ミルク&チョコ」の3つの味があります。あと、「カフェオレ味」もあるとか。

CHOCO de NUTTE

洋菓子をイメージさせる、クッキーのような感じの硬さですが、食べてみないとわからない食感でクッキーとは違い、溶けてなくなるような感じです。ミルク&チョコをベースとし、「チョコ味」「イチゴミルク味」「抹茶味」が楽しめます。

販売先

根室市内であればどこでも買えスーパーやコンビニエンスストア、土産物店、道の駅などで幅広く販売されています。札幌駅どさんこプラザ、東京有楽町どさんこプラザ、横浜ぐるめどさんこ市場などの特産品売り場。

通販は元祖オランダせんべいは端谷菓子店のホームページから買えます。

また、根室の「かに匠」さんが全国販売しております。

 
また、根室は自然にあふれ、北海道の雄大さを味わうことができるところです。是非訪れてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする