十勝遠征 冬のタウシュベツ橋梁と旧国鉄士幌線アーチ橋梁群②

本日車中泊予定の「道の駅 ピア21しほろ」を目指して南下します。

糠平湖南側にも橋梁群があり、道路からでも見ることができるものもあります。

第四音更川橋梁

国道273号の真澄トンネル北西に位置する、第四音更川橋梁は鉄橋だったため、撤去されてしまってます。

トンネルの上部にも線路が見えてます。

糠平第二陸橋 下の沢陸橋

線路は糠平湖の二手に分れ上部の陸橋です。

屏風岩 音更山道碑

左手を見ると100mほどに渡って柱状節理が見れます。その手前に音更山道の開通記念に建てられ、士幌線建設の際,邪魔になると一度捨てられた道碑が立ってます。

第三音更橋梁

駐車場から少し歩きますが、近くまで行くことができます。ダムの入り口にある橋です。

線路は山側に移り、「勇川橋梁」は秘境化してます。

パンフレット

橋梁群は終わりをつげ本日泊まりの道の駅「ピア21しほろ」へ向かいます。例によって大きめの画像なので、クリックして表示してください。

ピア21しほろ

翌日に回ろうと思っていた糠平湖の南側の橋梁群ですが、思ったより日が伸びてましたので、強硬撮影しましたので、到着は営業時間が過ぎた6時半。

イルミネーションのみがきれいに灯ってます。

士幌の高原の牧場をイメージしたきれいな自動販売機。残念ながら図柄が統一されてません。

右から2番目の面白い自販機は柱に隠れてます。

5時前だといううのに日が昇ってきました。寒いですが、近年の北海道の3月は雪解けが早く、すでに春の模様ですね。

月も昇ってます。

まあ、自炊するわけでもないので、やることがないから出発します。寒いので。次回は空いている時間に来まーす。

ちょっと観光

有名スポットなのでコメントすることはないでしょう

愛国駅

幸福駅

帯広空港

ま、近いので寄ってみました。

1日に一食のみの外食

宿にも泊まれない、貧乏旅行なので、お店も一日一食のみです。あとは、おなかがすいたら、シリアルをほおばりながらの運転です。

お土産です

小さくまとまった、売店です。千歳空港がでかすぎるのか。お土産は通常の市内の柳月の店では見かけないものをチョイス。

北の珈琲館と大雪山

ばんえい十勝

ホワイトデーが近かったもので、チョコレートをおまけに。

おまけ

思い切って購入した「Zenfone6」が文鎮化してしまったので、代用で購入した「OPPO renoA」にもパノラマモードがありましたので遊んでみましたが、「Zenfone3」程広がりがありません。

日勝峠からの眺めです。復旧してから初めて通りました。展望台までは雪でいけませんでしたので、ちょっと低いかな。

もひとつおまけ

グリュック王国、開業当時は年間70万人の入場者を抱え、帯広空港に訪れた人は、かなりの人が立ち寄ったとか。その後は軌道に乗らず、再建計画も頓挫し、閉園したとか。

廃墟マニアではありませんので(遺構マニアです)、侵入する気はありませんが、ドローンの活躍する機会がなかったので、ここで偵察しようと思いましたが、気づけば背後に帯広空港が、、、思いっきり、飛行禁止地域です。鳥でもレーダーに映りますので、即逮捕です。

不法侵入者でも逮捕者が出てますので、ここは触らない方がいいでしょう。かなりの人がネットで上げてますのでそちらを検索してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする