2019年~後志紀行②~美国~神恵内へ

美国でサクラマスのスタンプラリーしてるというのでお昼にしようかと思いましたが、パソコントラブルでため撮りしていた写真が消失。何とか復旧しようとしましたが、ネット環境もあるわけでもなく、ノートPCのみでは画像復元ソフトが入っておらず、断念しましたが、1時間以上もロス。時間が無くなりましたので、お昼はあきらめて、黄金岬へ直行。

黄金岬

港へ向かうと港へ入る道の反対側に入口の案内。

少し登ると展望台と松山千春の碑の案内。

駐車場はありませんので、工夫して止めてください。旗日ですので組合の建物の横の広場に止めました。猫が車の周りで日なたぼっこしてますので、発車には注意を。

それにしても猫がいっぱいいます。

松山千春ロマンの碑

展望台へ向かう途中にあります。松山千春氏が曽祖父に捧げるロマン碑。

鰊全盛の明治時代、網元の利権争いが絶えなかった美国地区で、抗争の仲裁役として活躍した「砂山重太郎」。剣客として若くして散っていった曾祖父に贈った詩碑。

黄金岬展望台

宝島

上から見るとハート形の宝島。恋愛成就、良縁、開運の願いが叶うとされてます。

地図

鰊伝習館ヤマシメ番屋

鰊番屋である旧ヤマシメ福井邸をはまなす財団の支援の下、かつて鰊で栄えた美国の歴史を発信する拠点として生まれ変わりました。

鰊番屋は親方家族と漁夫(やん衆)の生活空間が仕切られた造りとなっております。

やん衆のたまり場は2階にあります。

観光シーズンになるとカフェがオープンし、やん衆が食べたとされる「やん衆セット」を味わうことができます。

周りの景観

鰊全盛期の建物が多く残り歴史を伺うことができます。

地図

【公式サイト】鰊伝習館ヤマシメ番屋 – Facebook

当丸峠

さあ当丸峠を経て、積丹半島の反対側、神恵内村へ向かいます。

お参り

多くの神社と合祀している、「美国神社」です。1725年よりおおよそ300年の歴史を誇ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする