冬の小幌駅~礼文華トンネルから訪問

 秘境駅で有名な小幌駅、今は、無人ですが小幌駅周辺は漁業資源が豊富で、古くから漁師の人たちが住んでおりました。キャンプ場もあり、海水浴場としても多くの人が訪れていました。 先住民族も住み、小幌遺跡もあり、円空も訪れております。小幌駅から、岩屋観音へ訪れた様子は下記サイトに上げてます。(上げた写真は大きくなります。)

小幌駅へ向かいます

 鉄道好きな方は、電車で訪れると思いますが、自分の目的は探査。小幌駅だけでなく周辺もいろいろと訪れたいところ。夏には林道や小道があり、山道に慣れた方は、容易にたどり着くことができます。そこを、冬に訪れるのですから、ハードルが上がります。

 海岸線を歩きますので、多少は危険が伴います。やや雪が引き締まった、3月上旬に訪れました。

 礼文華トンネルを出たところに駐車スペースがあり、その向かいにも除雪帯があります。

2m以上に積み上がった雪の上を旧礼文華トンネルの方へ向かいます。今回は、数日前のトレースがありますので容易にたどり着けそうです。

岩屋観音へ向かう林道との分岐ですが、雪が多く林道がよくわかりません。そのまま、沢の方へ降りていきます。

この下のが小幌駅ですが、いくつか川を渡渉する箇所もあり、慣れてない方は、地図アプリにGPSルートを用意し、確認して降りて行ってください。

小幌駅に到着

東室蘭方面

長万部方面

歩いてきたから、あまり気にしませんが、8時に到着して、次が15時とは

バイオトイレ

 

訪れた人が利用できる、唯一の施設。

すぐ背後にある、保線用の待機所。

小幌駅全体を見渡せる場所

何人の人が、この光景を見たのでしょうか。

駅ノートと記念入場券

記念入場券は日付が代えられるようです。前回入場した人は2月15日

200円を払い(どこに?)本日の日付に。

雪で濡らしたくないので、写真だけ。

GPSとGoogleEarth

これだけの広大なスペースに、空いている場所はここだけという秘境。(写真は大きくなります)

少し、長万部方面にドライブインの跡から、廃道があるようなので、そちらからかつての住民が通っていたと思われます。

JR貨物

地図

現在値から小幌駅へのルート案内

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク