ちょっと立ち寄り~氷の芸術~支笏湖七条大滝

 国道276号線から気軽に訪れることができる、七滝大滝。近くまで林道歩きなので、1時間もかからずに行くことができます。この滝、冬になると幻想的な芸術と変わります。滝が氷り、氷瀑となり、圧倒的な光景を見ることができます。 人気スポットなので、トレースもあることが多く、初心者向けの雪山歩きです。

 天候のいいときは、林道も除雪されており、防寒靴や、長靴で行くことができますが、やはり冬。スノーシューなどを用意した方が良いでしょう。滝の近くは、急な下り坂となるため、アイゼンやチェーンスパイクなど、滑り止めを準備してください。道が狭いため、スノーシューはちと、危ないです。(写真はクリックで大きくなります。)

林道入り口から出発

まれに、作業中は林道入り口が開いてる時があります。入林届を出して、許可をもらい、鍵番号を教えてもらってなければ、帰りはゲートが閉じてることがありますので、通常冬道は歩きが基本。

しばらく歩くと分岐があり、大きく開いた右側を曲がります。

左へ分岐する林道が見えると、やがて案内板が見えてきます。

案内板

大雪の後、でなければ、スノーシューはここで履くとよいでしょう。当日はツボ足で行くことができました。

もう一つの案内板を右に曲がると、やがて、下に向かう滝への道が左手にあります。

チェーンスパイク

チェーンスパイクを用意。小さなポシェットに入っており持ち運びに便利。

 

付けた感じ

GPS

圧巻の滝へ

急な下りです。スパイクの付いた長靴など、滑り止めがないとかなり危険です。降りることはできますが、登りが大変になります。

滝が見えてきました。

七条大滝

その迫力に、大きめの写真で。(クリックするとさらに大きく表示できます。)

地図

現在値の場所から七条大滝へむかう。

まとめ

 支笏湖畔から現地まで、ツアーガイドがあります。スノーシューやポール、防寒具などを貸し出してくれます。自身のない方、スノーハイクの経験がない方などは利用すると、ガイドさんのおしゃべりとともに、楽しむことができます。

あると便利なもの

 何度もスノーハイクに行こうと考えてる方は、用意するといいでしょう。

チェーンスパイク

 丈夫なゴムで簡単に防寒靴に取り付けることができるスパイク。軽いのでバックパックにもポンと入れて持ち運ぶことができます。引き締まった雪道などは、スノーシューよりも気軽に歩くことができます。

スノーシュー

 手持ちの防寒靴で、簡単に雪道を歩くことができます。クランポン(アイゼン)がついており、かなり急な坂でも登ることができます。初心者向けから、本格的な雪山登山まで、用途に応じて種類があります。深雪の雪山を目指さず、気軽なスノーハイクなどはポールがついたセット品などがあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク